テント倉庫のメリット・デメリット

テント倉庫のメリット・デメリット

テント倉庫のメリットはもちろん、
デメリットの対応策もご紹介いたします!

テント倉庫のメリット

基本構造がシンプルなので、施工期間が短い。

工期が短いので、人件費を抑えることができ、建築費用が安い。

三角地等いびつな形でも倉庫を建てることができる。

室内が暖かく、日中は照明不要なほど明るいので、光熱費を削減できる。

建物重量が軽いので基礎も小さくできる。(軟弱地盤以外)

テント倉庫のデメリット

気象条件により結露が発生する場合がある。

夏場は室内が暑くなる。

壁面も生地の為、カッター等で切り裂いて侵入が容易。

屋根・壁の生地は紫外線劣化するので、10年を目安に張替の検討が必要。

使用用途が倉庫のみと限られる。(平成14年国交告第666号の基準では倉庫以外も対応可能)

デメリットが気になる・・・。
改善できないの?

テント倉庫.netにお任せください!対応策をご提案いたします!

テント倉庫デメリットの解決策

テント倉庫内の結露・夏場の高温対策

オプションで換気扇を取り付けましょう。

室内の熱気や湿気を排出する換気扇、テント倉庫にも対応できる大型のルーフファンがございます。 換気方式には風力や温度差による浮力により空気を排出する自然換気方式とモーターによりファンを回転させ排出する強制換気方式があります。自然換気方式は電気を必要とせず、構造が単純なので故障も少なく長期間ご使用いただけます。強制換気方式は三相200V若しくは単相100Vを使用し大型ファンで強力な排気を行うことができます。

オプションについて

テント倉庫内の防犯対策

防犯オプションで、大切な保管物を守りましょう。

テント倉庫.netではテント倉庫の防犯対策として防犯カメラの設置も承っております。 保管物の管理として、盗難の抑止として防犯カメラは効果的です。 最近ではカメラの映像も鮮明になり顔や車のナンバーなどもはっきりとわかるようになってきております。 また、スマホアプリやパソコンで遠隔確認できるシステムもあり、複数のカメラを一括管理したりスマートフォンで遠隔監視することもできます。

テント倉庫の生地劣化対策

適切な膜材質によってメンテナンス費用を抑えましょう。

膜材の表面に付着する汚れも劣化の原因となるため、定期的な洗浄作業が必要になります。しかし、現実的に倉庫の規模の建築物の洗浄を日常的に行うことは難しいでしょう。 光触媒の膜材を使用すれば、自浄作用によって洗浄のメンテナンス費用や手間を抑えることもできます。 膜材は消耗品なのでいつかは交換しなくてはなりませんが、選ぶ生地で交換頻度を抑えることができます。適切なシート生地を選択できるよう、担当スタッフがサポートいたします。

光触媒材膜一覧

テント倉庫の使用用途拡大

平成14年国交告第666号の基準では対応可能

平成14年国交告第667号基準のテントよりお値段が上がってしまいますが、倉庫以外の用途でも建設可能です。

666号の基準は中に人が居ることも含まれるため、換気設備などを整えるためにお値段が上がってしまうのです。
ランニングコストはかかってしまいますが大切な事なので、担当スタッフと先を見据えながら、お客様の用途に合ったテント倉庫を建設しましょう。

\まずはお気軽にご相談ください!/

無料で相談をする ご相談・お見積もりフォームはこちら

複雑なテント倉庫の知識、わかりやすくご紹介いたします!

お問い合わせ

施工のプロであるオペレーターが対応いたします。

テント倉庫.net(シンテック)では、無料で御見積りを承っています。
「確認申請は必要?」「何でも保管できるの?」など色々なお問い合わせをいただきますが、一番多い相談が「他社で見積もりを取ったけど思ったより高かった。」という内容です。
計画次第でテント倉庫を安く建てる方法がございます。
建設は設計が大事だとはよく言われる話ですが、それはテント倉庫も同じです。

常時専任のオペレーターが待機しておりますので、お気軽にご相談ください。
施工のプロであるオペレーターの判りやすい説明と提案力には絶対の自信がございます。

2021年 9月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

定休日

テント倉庫.netが選ばれる5つの理由・業界最安値・ベストプライス保証