テント倉庫の耐用年数

テント倉庫の耐用年数

テント倉庫の寿命(耐用年数)や
劣化のチェック方法をご紹介します。

テント倉庫の耐用年数について

テント倉庫の生地は、紫外線による日焼けや雨風の要因により劣化が進行して行きます。「耐用年数が過ぎたらどうなるの?」といった疑問にお答えしていたします。耐用年数や劣化のチェック方法をご紹介します。

テント倉庫の耐用年数は?

テント倉庫の鉄骨寿命(建て替え時期目安)は
約30年~40年です。※

テント倉庫は骨組みは安全性を定めた国家規格「日本工業規格(JIS)」に該当する鋼材を使用しております。
倉庫の設置地域や保管物、周辺環境によっても異なりますが、30年〜40年程度使用できます。

テント倉庫生地の耐用年数(張替え時期目安)は
約10年~15年です。※

テント倉庫の生地は、紫外線による日焼けや雨風の要因により劣化が進行して行きます。
鉄骨の寿命は30〜40年と長期利用が可能なので、適切なタイミングで生地を張り替えることにより、長期間倉庫を維持することができます。
テント倉庫の新設から約10年以上経っている生地は耐用年数を越えている可能性があるので、チェックが必要です。

※使用している生地や立地場所の環境により劣化の速度は違います。

\まずはお気軽にご相談ください!/

無料で相談をする ご相談・お見積もりフォームはこちら

私たちのテント倉庫は大丈夫?耐用年数かんたんチェックリスト

生地張替えのチェックポイント

  • 10~15年経過のテント倉庫

  • 少しだけ雨漏りがしている

  • テント倉庫の生地がパリパリしてきた

  • テント倉庫の生地に亀裂がみられる

全体建替えのチェックポイント

  • 30~40年経過のテント倉庫

  • 錆びてきている

  • 金具が破損している

  • 鉄骨に傾き・ぐらつきがある

1つでも当てはまったら要注意!このような症状は大変危険です!!

チェックリストに当てはまったまま使用を続け、テント倉庫が壊れると・・・・
会社の利益に悪影響を及ぼします。

倉庫内の保管品が
濡れ、破損してしまう

復旧するまでに
時間がかかってしまう

業務に多大な
ロスが発生!

経年劣化により耐用年数を越えてしまっている
テント倉庫を放置しておくのはリスクが高いと言えます。

\まずはお気軽にご相談ください!/

無料で相談をする ご相談・お見積もりフォームはこちら

耐用年数を超えてしまったらどうしたら良いの?

テント倉庫.netでは、耐用年数を越えて古くなったテント倉庫、シートハウス、上屋テント、荷捌き用テント、可動式テント、スライドハウス、大型テント、伸縮式テント、ジャバラテント、テント修理・修復・張替・建替えを承っております。

テント倉庫.netを運営する、株式会社シンテックはテント修理の業者として、実績多数。現場に詳しい担当が最適な設計から考えることができるため、安心してご利用いただけます。

テント生地(膜材)の耐用年数を超えた場合

10年以上経過したテント倉庫は、膜材の劣化が進んでいる状態です。一見綺麗に見える生地でも、紫外線や雨風に晒されているので、脆くなっている場合があります。

膜材が劣化すると生地の耐久度が下がってしまうため、雨漏りや破破の原因となります。耐久度の下がった膜材は、小さい穴1つから大きな破損に繋がる可能性があります。大切な保管物を守るためにも、適切な時期に張替えを行いましょう。

鉄骨(骨組み)の耐用年数を超えた場合

30年以上経過したテント倉庫は鉄骨が錆び、強度が弱くなっている可能性があります。また、劣化が激しいテント倉庫に、地震などの強い衝撃が加わると、最悪の場合、倒壊の危険性もあります。
テント倉庫.netで新設いただける場合、古くなったテント倉庫の解体も含め承ります。古いテント倉庫は当時の法律で建設されているので、強度の弱い材質を使用している可能性もありますが、テント倉庫.netでは最新の建築基準法をクリアした安全性の高い材料で建設します。 古くなった倉庫をどうにかしたい!という方は、お気軽にご相談ください。

関連サービスのご紹介

修理・張替えのご案内

経年劣化や自然災害等で破損してしまったテント倉庫の修理、またテント生地の張り替えも行っております。

キャップシート張替えのご案内

屋根の上から新しい生地で覆い、包むような形でシートを張ります。全体の張替えするよりも価格が安く済むのが特徴です

\まずはお気軽にご相談ください!/

無料で相談をする ご相談・お見積もりフォームはこちら

複雑なテント倉庫の知識、わかりやすくご紹介いたします!

お問い合わせ

施工のプロであるオペレーターが対応いたします。

テント倉庫.net(シンテック)では、無料で御見積りを承っています。
「確認申請は必要?」「何でも保管できるの?」など色々なお問い合わせをいただきますが、一番多い相談が「他社で見積もりを取ったけど思ったより高かった。」という内容です。
計画次第でテント倉庫を安く建てる方法がございます。
建設は設計が大事だとはよく言われる話ですが、それはテント倉庫も同じです。

常時専任のオペレーターが待機しておりますので、お気軽にご相談ください。
施工のプロであるオペレーターの判りやすい説明と提案力には絶対の自信がございます。

2021年 8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

定休日

テント倉庫.netが選ばれる5つの理由・業界最安値・ベストプライス保証