可動式テント倉庫(移動式・伸縮式・スライド式)のご案内

テント倉庫画像1
テント倉庫画像2
テント倉庫画像3
テント倉庫画像4
テント倉庫画像5
テント倉庫画像6
テント倉庫画像7
テント倉庫画像8
テント倉庫画像1
テント倉庫画像2
テント倉庫画像3
テント倉庫画像4
テント倉庫画像5
テント倉庫画像6
テント倉庫画像7
テント倉庫画像8

テント倉庫が伸縮!使わない時はコンパクトに畳めるスライドタイプ。
倉庫本体にキャスターがついてそのまま動かせる、移動式タイプ。
クレーンを使用した重量物の搬出入もスムーズに行えます!

可動式テント倉庫には2タイプあります。テント倉庫本体が伸縮し、使わない時は畳めるスライドタイプ(ジャバラタイプ)。
テント倉庫本体にキャスターがついて、そのまま動かせる移動式タイプ。どちらも重量物の保管に適しており、クレーンや大型車両での搬出入がスムーズに行えます。用途に合わせてお選びください。

こんなお悩みありませんか?

  • 敷地が狭いので、使わない時は畳んでおきたい

  • 倉庫内の重量物の出し入れをしたい

  • 敷地内を移動して使いたい

  • テント倉庫って保証が無い業者が多い・・・。安心して使いたい。

\お任せください!テント倉庫.netなら様々な問題にお応えいたします!/

使わない時はコンパクトに畳める!

スライドタイプのテント倉庫は、テント倉庫本体に伸縮機能が付いています。
使うときだけ伸ばして倉庫として利用、使わない時は畳んでコンパクトにできます。
限られた敷地でも設置が可能なので、敷地を有効に活用したい方におすすめです。

倉庫本体を移動できる!

移動式タイプのテント倉庫は、本体下部にキャスターが付いています。本体をそのまま移動できるので、保管場所を固定したくない方へおすすめです。
例えば下水管などの大規模工事で、移動しながら資材を保管したい時など、移動式タイプなら施工現場に沿って移動することができます。

重量物の搬出入がスムーズに!

可動式テントの最大の特徴は「動く」事。スライドタイプ・移動式タイプ共に、倉庫へ出し入れが難しい重量物の保管に最適です。
どちらも倉庫本体を動かすことができるので、重量物はそのままの位置でテント倉庫を動かし、保管物の出し入れができるようになります。
大型車やクレーンを使用した搬出入にぴったりです。

新設テントには安心3年保証付き

当社は新設テント倉庫の保証期間を1年間としておりましたが、より一層お客様に安心してお使いいただくために、3年間へと保証期間を延長することにしました。また、保険代理店と提携し、使用用途に適切な火災保険をご提案しておりますので、安心してお使いいただけます。

安心3年保証について

\まずはお気軽にご相談ください!/

無料で相談をする ご相談・お見積もりフォームはこちら

可動式テントの特徴

テント倉庫の伸縮が可能!スライドタイプ

テント倉庫の伸縮が可能!スライドタイプ

スライドタイプはテントの下部分にレールがあり、レールに沿って倉庫本体がジャバラ状に伸縮します。使うときだけ引き伸ばして利用し、使わない時は畳んでコンパクトにできます。
重量物の保管に適しており倉庫本体を伸縮させることで、クレーンや大型車両での搬出入が行いやすくなります。

テント倉庫本体を動かせる!移動式タイプ

テント倉庫本体を動かせる!移動式タイプ

移動式タイプは、倉庫本体が移動できる倉庫です。大規模な工事は、敷地内の施工現場を移動するのも大変です。
資材を倉庫へ取りに行くのも時間とコストがかかります。
移動式テント倉庫なら倉庫本体に、キャスターがついているので、現在の工事場所に合わせて倉庫を移動できます。

可動式テントのメリット

狭い敷地内でも建設可能

使わない時は倉庫を畳んでコンパクトに!

テント倉庫本体の移動が可能

大規模工事の広い敷地での倉庫移動もラクラク

作業時短でコストカット!

鉄骨や大きな資材をはじめとする重量物の移動には、フォークリフトやクレーンを使用します。倉庫から倉庫外へ搬出するだけでも時間がかかる作業です。
可動式テントは伸縮機能・移動機能を活かして重量物や長尺物の搬入・搬出をスムーズに行えるので、作業時間を短縮できます。
それに伴い、人件費もカット!作業効率が上がります。

テント倉庫のオプションについて

\まずはお気軽にご相談ください!/

無料で相談をする ご相談・お見積もりフォームはこちら
テント倉庫のサイズ防炎生地使用の場合
可動式テントイメージ

(W)5m x (L)6m x (H)5m
面積30㎡ / 坪数約9坪

¥3,600,000
(@120,000円/㎡)
(@400,000円/坪)
可動式テントイメージ

(W)10m x (L)10m x (H)5m
面積100㎡ / 坪数約30坪

¥6,000,000
(@60,000円/㎡)
(@200,000円/坪)
可動式テントイメージ


【電動仕様】
(W)15m x (L)20m x (H)5m
面積300㎡ / 坪数約90坪

¥18,000,000
(@60,000円/㎡)
(@200,000円/坪)
※300㎡以上だと手動では動かせなくなるので電動式となります。
可動式テントイメージ

【電動仕様】
(W)20m x (L)25m x (H)5m
面積500㎡ / 坪数約150坪

¥24,000,000
(@48,000円/㎡)
(@160,000円/坪)
※300㎡以上だと手動では動かせなくなるので電動式となります。
可動式テントイメージ

(W)5m x (L)6m x (H)5m
面積30㎡ / 坪数約9坪

可動式テントイメージ

(W)10m x (L)10m x (H)5m
面積100㎡ / 坪数約30坪

可動式テントイメージ

【電動仕様】
(W)15m x (L)20m x (H)5m
面積300㎡ / 坪数約90坪

可動式テントイメージ

【電動仕様】
(W)20m x (L)25m x (H)5m
面積500㎡ / 坪数約150坪

防炎生地使用の場合
¥3,600,000
(@120,000円/㎡)
(@400,000円/坪)
防炎生地使用の場合
¥6,000,000
(@60,000円/㎡)
(@200,000円/坪)
防炎生地使用の場合
¥18,000,000
(@60,000円/㎡)
(@200,000円/坪)
※300㎡以上だと手動では動かせなくなるので電動式となります。
防炎生地使用の場合
¥24,000,000
(@48,000円/㎡)
(@160,000円/坪)
※300㎡以上だと手動では動かせなくなるので電動式となります。

【積算条件】
・東京・大阪近郊の場合(垂直積雪量 30cm以下 風速 Vo=32m/sec以下)。
・平成14年国土交通省告示第667号適合品。
・基本的な構造仕様として(妻側 固定×1面、芯材カーテン×1面)。
・手動式、レール仕様。(300㎡以上は電動式となります。)
・オプション、変形、特別仕様は別途費用。
・基礎工事、地盤調査・改良費、消防設備、電気・照明設備等別途。
・電動開閉式の場合の一次側電気工事費は別途となります。
・申請印紙代、消費税別途。
・可動式テントには不燃シートはお使いいただけません。
・条件により金額が異なります。詳しくはお問い合わせください。

\まずはお気軽にご相談ください!/

無料で相談をする ご相談・お見積もりフォームはこちら

\まずはお気軽にご相談ください!/

無料で相談をする ご相談・お見積もりフォームはこちら

\まずはお気軽にご相談ください!/

無料で相談をする ご相談・お見積もりフォームはこちら

\まずはお気軽にご相談ください!/

無料で相談をする ご相談・お見積もりフォームはこちら

可動式テント 関連情報

PICK UP

手順・手続き・対応エリアについて

複雑なテント倉庫の知識、わかりやすくご紹介いたします!

お問い合わせ

施工のプロであるオペレーターが対応いたします。

テント倉庫.net(シンテック)では、無料で御見積りを承っています。
「確認申請は必要?」「何でも保管できるの?」など色々なお問い合わせをいただきますが、一番多い相談が「他社で見積もりを取ったけど思ったより高かった。」という内容です。
計画次第でテント倉庫を安く建てる方法がございます。
建設は設計が大事だとはよく言われる話ですが、それはテント倉庫も同じです。

常時専任のオペレーターが待機しておりますので、お気軽にご相談ください。
施工のプロであるオペレーターの判りやすい説明と提案力には絶対の自信がございます。

2021年 8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

定休日

テント倉庫.netが選ばれる5つの理由・業界最安値・ベストプライス保証